art therapy

※現在、募集を一時休止しております。

 

 

アートセラピーとは、

絵を描いたり、コラージュ制作をしたり、粘土やさまざまな造形を素材を用いて、自己表現を行い、それらの作品を通して、自分の思いや感情を表現し、自分自身の気づきや洞察を得て、理解し、心のケアを行う芸術療法のことです。

 

海外では、音楽療法と共にとてもポピュラーです。 

 

例えば、自分の気持ちをうまく表現することができない子どもやご高齢者の場合、コミュニケーションをとろうとしても、なかなか難しい時があります。

 

もしかしたら、本人ですら気がついていない悲しみや怒り、または苦しみなどもあるかもしれないし、だからと言って、言葉だけではどうしても上手に引き出せないこともあるからです。

 

しかし、アートセラピーを用いることで、感情や思考をいったん作品と言う形で外在化させることができるので、距離を置いて、自分自身の気持ちや考えを見つめることができ、相手に対しても伝えやすくなります。

 

そして、コミュニケーションも円滑になる可能性も断然高くなります。

 

実は、描いた物、作った物には、自分自身の知られざる心理が投影されていると言います。

 

無意識に描いていたと思った絵でも、使った色や形などにも実は自らのメッセージが隠されていることも多いからです。

 

そして、そこから見えてくる自分自身の感情や思考に気がつくことこそが、アートセラピーが最も得意としていることなのです。

 

私は、アートセラピーのことを「自らが気づき、自らで受容していくセラピー」だと思っています。

  

自らが「そうか、実は自分はこの時、こんな風に感じていたんだ」と気がつき、そして「この時は本当に大変だったよ、しんどかったよ」と自らが感情を認め、寄り添いながら、自身で癒しを体現することは、何事にも代えがたい素晴らしい効果があると思うのです。

 

私のアートセラピーの体験話になりますが、描いた絵から、小学生の自分が、大人に対して様々な感情あったことが浮き彫りになりました。

 

それこそ、悲しみや怒り、苦しみも見えてきました。

 

でも、その経験が今の子育てにとても活かされていると気がついた時「大人だからと言って完璧ではないのだ」とその時の状況を受け入れることができました。

 

まだまだ、根深い部分もあるので、完璧にはいきませんが…。

 

でも、一番大切なのは「自分の感情を(プラスもマイナスも)まずは認めてあげること」だと私は思っています。

 

そして、そこから気付きを見いだし、また前に進むことができるような気がするのです。

 

「人間は、自分自身と向き合うことができる限り、どんなことでも何度でもやり直しをすることができる」

 

私はその言葉を励みに日々自分自身を生きています。

 

 

 

 

そして、自分の思いを言語化ではなく、視覚化することによって、素直な心で物事を俯瞰してみることができるアートセラピーは、今の閉塞的なこの時代にとても必要なセラピーだと思っています。

 

これからの時代を生きて行く上でも「心を解放していく」というのが、今後大きなキーポイントになっていくからです。

 

またアートは、同じものを毎回描いたとしても、その時の心境によって、姿が変わります。

 

自分自身の無意識の部分が現れるので、その時その時に自分がどのような気持ちで描いた(作ったか)ということに気づくことができるからです。

 

我が家の子どもたちにも、数ヶ月おきに描いてもらいます。

 

実際、絵の変化には驚かされることが多いです。特に成長の著しさには圧倒されます。

 

小学生の息子は「(お絵かきは)楽しい、(色塗りは)楽しい」と毎回連呼、心の解放感を感じました。

 

しかし、思春期真っただ中の娘は「自分の心がばれてしまいそうで怖い(身近な母に)」と言っていました。

 

しかし、色を塗る時は本当に楽しそうにしていて、回を重ねるごとにいろいろなことを話してくれます。これも解放ということから見れば、息子と同じかもしれません。

 

コミュニケーションツールとして活用するには、お子さんにはとてもおすすめです。

 

もちろん、大人の方にもおすすめです。

 

様々な方がアートセラピーを用いることで、より良い今を過ごしていただけたら幸いに思います。

 

最後に、アートセラピーの特徴的な3つの効果を記載させていただきます。

 

1. 治癒的効果(表面に気持ちを押し出すことでスッキリする)

 

2. 心理的投影(無意識の部分が作品に表れる)

 

3. 脳力開発(作品をひとつ作り上げたという達成感が自信に繋がる)

 

 

 

  

アートセラピーを受けてみようかなと思って下さった方へ

※現在、募集を一時休止、ただし再開の予定あり。

 

クレヨンや色鉛筆を使って、画用紙に楽しくお絵かきをしながら、自らを見つめ、自らで受容していく絵画セラピーワークです。

 

相手は私しかいませんので、リラックスしていただきながら、ご一緒に楽しいワークができたら嬉しいです。

 

得意不得意、上手い下手は、もちろん一切関係ありません(やるとわかります)。

 

ご希望の方にはカラーセラピーも受けていただくことも可能です。

 

十数本のカラーボトルの中から色を選んでいただき、そこから自分自身で答えや気づきを得るセラピーです。

 

占いやアドバイスではありませんが、ご自身と向き合うサポートをさせていただけたらと思っております。

  

●女性限定の対面セッション(1対1)※お子さん同伴可です。ただし、お子さん自身が受ける場合、親御さんにはしばらくだけ離れていただきます。

 

●場所は、東京都町田市の町田駅周辺のレンタルスペースです。

 

●モニターさん価格:500円(60分くらい)※アートセラピー+カラーセラピーの価格です。

※時間は目安です。

※今後の参考にさせていただきたいと思っていますので、簡単なアンケートにご協力いただけますと嬉しいです。

※日にちや時間は、お互いの都合の良い日を相談しながら決めさせていただきたいと思います。

※モニターさん募集は、人数に限りありますので、誠に申し訳ありませんが、定員に達しましたら、終了とさせていただきます。

 

 

お会いできるのを楽しみにしております。

 

お問い合わせフォームから直接ご連絡ください。

 

 色鉛筆.jpg